【連載】スモールビジネスの始め方(1)


私自身の経験を混じえながらの『スモールビジネスの始め方』について色々書いていこうと思います。



スモールビジネスって?


法人化する・しないは問いません。学生やお勤めの方の副業でも、主婦・主夫の方が始めるのでも構いません。関わる人数もひとりでも数名でも自由です。ただ、大きな資金や設備などの「開業」ではなく、アイディアや昨今のツールを上手に使って作り出していく自由なビジネス、といったイメージでしょうか。

私の場合はもともと勤務していたイベント企画制作会社から独立し2006年に合同会社を設立、自身が代表を務め、社員数名と小さな会社を始めました。

その時に設備として用意したものは、


・事務所(世田谷区三軒茶屋のマンション事務所)

・OA機器(パソコン、プリンタ、電話、スマホ)

だけでした。それだけで可能な仕事内容だったからです。初期投資がほとんど掛からず、これまで勤務していた企画制作会社の流れで売り上げもかなり大きく、知名度の高い企業のお仕事がたくさんありました。今回このブログで書いていこうという内容とは趣旨が異なりますので自分の会社についてはここまでにして、『プライベートワーク』としてたった一人で始めた三軒茶屋の店舗の事例を自身の『スモールビジネス』として位置付けたいと思います。



企画と技術、どちらから始めるのが良い?


例えば、


① お菓子づくりの技術があるので洋菓子店を開業したい

→ 技術先行型


② お菓子に関わることがしたいから何がビジネスにできるか考える・習得する

→ 企画先行型


これまでの日本では①の技術先行型が起業開業の基本でした。しかし現在は、大きな設備投資などがなくてもビジネスが成立するツールがたくさんあります。このため、②の企画先行型の方が逆に有利な点もたくさんあります。何故なら、マーケットや宣伝方法などの戦略を同時に進めていけるからです。


①のパティシエの場合は、技術を活かすことがメインとなりますので、考えられるものとしては、

・リアル店舗を構える
・キッチンを用意して菓子製造(何処かへ卸す、通販する)
・お菓子教室を始める


といった動きとなるでしょう。何れにしてもハコが必要になりますので予算もそれなりに必要となってきます。


一方、②のお菓子好きの人ならば、


・お菓子イベントの企画や実施
・菓子店紹介やレシピのサイト構築運営
・パティシエの人材活用
・お菓子教室の経営、運営


などなど、今の時代やエリアに何が望まれるか、予算に応じて少しづつ手がけていくことも可能です。スマホひとつでやれることだってたくさんありそうです。

私の店舗(占いカウンセリング店)は、この①と②のハイブリッド型です。

とにかく良い路面店を見つけてしまったので何をするか考えずにとりあえず借りた → ぼちぼちと三軒茶屋をマーケティングしながらビジネスにしていこう → 三軒茶屋に足りないものは占いだと考えるようになる → 自身は [占いとは縁遠い人間だった] ものの、タロット占いを習得しながらサービス提供開始、タロット占い学校も開設、といった流れです。


そこまで2年半ほど時間をかけました。


占いと程遠い人間だったからこそ、占い師や占いの館によくありがちなイメージやビジュアルを払拭したい、もっと誰でも気軽に話をしに来れる場所にしたい、というコンセプトが自分の中にできて、店内やホームページのデザインは「おしゃれ」にしてきたつもりです。


また自分自身も、「霊が見える」「霊感」「スピリチュアル」「開運」といったキーワードは一切排除しました。もともと、そのような要素が無い人間のため、もし使用したならばそれは「嘘」ということでもあります。「演出」という言い方もあるかもしれませんが、その演出は私には「必要のないもの」と判断しました。


このように、「技術を突き詰めた結果」の独立開業だけではなく、少し時間もかけながら、やりながら、"企画ありき" で考えて実行していくスモールビジネスという始め方もあるのです。 まずは3年、取り組んでみましょう。


実際3年なんてあっという間ですが、無理をせず始めるものだからこそ続けることが可能です。


ー s.b.c 岩崎